若手コンビ躍動!秋山貴重な同点打、原はダメ押し打

[ 2011年10月31日 06:00 ]

パ・リーグCSファーストステージ第2戦 西武8―1日本ハム

(10月30日 札幌D)
 西武は原、秋山の若手コンビがそろって貴重な一打を放った。1点を追う5回2死二塁から同点の中前適時打を放った秋山は「下位(打線)が頑張ればうちは上位が強いので、栗山さんに回すことを考えていきました」。

 初回に送りバントを失敗していた原は、2点リードの9回2死一、三塁から左翼線へ2点二塁打。「1本出ないより出て良かったです」とホッとした様子だった。

 ▼西武・フェルナンデス(2試合で6安打してファーストS特別賞を受賞)凄くうれしい。自分たちの力で勝ち進めたのでうれしい。今はみんなリラックスして、楽しめている感じもある。

 ▼西武・牧田(9回に登板し1安打無失点)何点差だろうと僕がやることは変わらない。気持ちで投げました。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年10月31日のニュース