菅野本人に会えず、まずは謝罪から…ハム長期戦覚悟

[ 2011年10月29日 06:00 ]

指名あいさつを終え、東海大野球部の寮を後にする(左から)日本ハム・大渕スカウトディレクター、今成スカウト、岩井スカウト、(右から2人目は東海大野球部マネジャー)

 謝罪から始まった。27日のドラフト会議で巨人との競合の末、東海大・菅野智之投手(22)の交渉権を獲得した日本ハムは28日、大渕隆スカウトディレクター(41)ら3人が神奈川県平塚市内の同大合宿所で初の指名あいさつを行った。菅野は授業のため不在だったが、日本ハムは東海大・横井人輝監督(49)に事前通知なしで指名したことを謝罪。大学側は野球部の今季日程終了後に交渉開始することを約束したが、157キロ右腕の入団交渉は難航必至だ。

 晴れやかな指名あいさつの雰囲気はない。菅野本人が授業出席で不在の中、東海大野球部の合宿所を訪れた大渕スカウトディレクターは横井監督、宮崎康文部長に指名あいさつを行った。午後3時42分から約25分間。大渕スカウトディレクターは「心中を察するとわれわれも心が痛い。戦略上のこととはいえ、指名あいさつを事前に行っていないことで、驚きや困惑を与えてしまったことにはおわびしたい」と強行指名を謝罪したことを明かした。

 伯父の原辰徳監督を尊敬し、昨年12月から指名を表明していた巨人とは相思相愛。ドラフト会議直前まで一本釣りが予想されていた。しかし、日本ハムが強行指名。2球団による抽選の末、日本ハムが交渉権を獲得した。

 祝福はなかった。胴上げなども中止され、指名直後から菅野は「まだ考えていません」と白紙を強調。菅野の祖父で巨人・原監督の父である東海大系列野球部の原貢顧問は「あいさつが一言もなかった。これは人権蹂躙(じゅうりん)」と強く批判した。

 大学側は最低1度は交渉の席に菅野を同席させる方針という。謝罪でスタートを切った入団交渉は、難航が予想される。関係者によると、巨人入りの夢破れた右腕は社会人の日本生命入りなども視野に入れている。ワンチャンスを生かせるか、日本ハムは最大限の誠意を見せるしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月29日のニュース