内川 CS突破へ高校野球から刺激「勉強させてもらった」

[ 2011年10月23日 19:33 ]

 プロ野球で40年ぶり2人目のセ、パ両リーグ首位打者に輝いたソフトバンクの内川が23日、大分県で行われている高校野球の秋季九州大会の試合会場を訪れ、父の一寛さんが監督を務める大分・情報科学高の試合を観戦した。

 「生で見て勝ったことがなかった」というが、情報科学高は7―0の7回コールドゲーム勝ちで初戦の2回戦を突破。「良かった。生徒さんに感謝したい」とほっとした表情を見せた。

 内川は日本シリーズ進出を懸けたクライマックスシリーズ(CS)を控える。「高校野球はトーナメントで負けたら終わり。CSも同じ。高校生の姿を見て勉強させてもらった」と刺激を受けたようだった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月23日のニュース