08年高校生ドラフト4巡目の清原がプロ初登板

[ 2011年10月23日 18:40 ]

5回、広島・東出に適時打を許した阪神先発の清原(65)

セ・リーグ 阪神0―1広島

(10月23日 マツダ)
 阪神の先発清原は4年目でのプロ初登板に「思ったよりも緊張することもなく、ある程度自分の投球をすることができた」と話した。丁寧にコースを突いて5回1失点。黒星は付いたが、22歳が堂々のデビューを果たした。

 2008年に茨城・常総学院高から高校生ドラフト4巡目でプロ入りし、ようやくつかんだ1軍の舞台。右腕は「まだまだです」とさらなる成長を期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月23日のニュース