史上3人目 プホルス3打席連続本塁打!カージナルス大勝 2勝1敗に

[ 2011年10月23日 13:13 ]

9回にこの日3本目の本塁打を放った、カージナルス・プホルス

 1勝1敗で迎えたワールドシリーズ第3戦は22日、アーリントンのレンジャーズ・ボールパークで行われ、4回以降毎回得点のカージナルスが打撃戦の末、16―7でレンジャーズに大勝。対戦成績を2勝1敗とした。

 カージナルスは初回、第1、2戦で代打適時打を放ったクレイグのソロ本塁打で先制。4回は相手守備の乱れもあり、4安打で一挙4点を奪うと、6回には主砲プホルスが3点弾、7回にも2点本塁打を放ち、レンジャーズを突き放した。プホルスは9回にもソロ本塁打を打ち、3打席連続アーチ、6打数5安打6打点と大暴れした。

 ワールドシリーズで1試合3本塁打をマークしたのは史上3人目で、ナ・リーグでは初めて。

 レンジャーズは2本の本塁打などで反撃したが、好機にあと1本が出ず、13安打を放ちながら敗れた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月23日のニュース