野上 CSの秘密兵器だ!フェニックスLで2回無失点

[ 2011年10月23日 06:00 ]

フェニックスリーグ 西武4―3中日

(10月22日 南郷)
 西武・野上がCSでの「秘密兵器」としてスタンバイする。フェニックスリーグ・中日戦(南郷)で3番手として登板し、2回を1安打無失点投球。最速145キロを計測し、渡辺監督もその内容の良さを「誰が見てもそうだよね」と高評価。23日からの1軍合流を決めた。

 野上は今季、2軍では9勝を挙げ最多勝を獲得も、1軍ではわずか4試合の登板。この日の快投に「良かったでしょ。フェニックスではこういう感じで投げていました」。シーズン中は3時間30分をすぎれば新しいイニングに入らないルールが適用されたが、CSでは時間制限なしで延長は12回まで。野上はロングリリーフもこなせるだけに、貴重な存在になる。小野投手コーチも「あれだけの球を見せつけられるとね」と期待を寄せていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月23日のニュース