楽天 ドラフトで「地元枠」撤廃!高校生の指名に重点

[ 2011年10月18日 06:00 ]

 楽天が27日に行われるドラフト会議で「地元枠」を撤廃する。

 昨秋は外れ1位の八戸大・塩見、3位の東北福祉大・阿部など東北に縁のある3選手を指名。しかし球団関係者は「戦力となるかどうかで判断したい。地元選手でなくとも、チームが強くなることがファンのためになる」とした。加えて今年は即戦力となる大学・社会人より、高校生の指名に重点を置く。

 12、13日に首脳陣と編成担当者がドラフト候補の映像をチェック。東海大・菅野、明大・野村、東洋大・藤岡の「ビッグ3」は別格とし、3選手以外は高校生の素材を評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月18日のニュース