ヤンキースVSタイガースは水入り…サスペンデッドに

[ 2011年10月2日 06:00 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦 ヤンキース1―1タイガース

(9月30日 ニューヨーク)
 ヤンキースVSタイガースの地区シリーズ第1戦は、2回表終了時で降雨サスペンデッド。19勝左腕のヤ軍・サバシアと、今季24勝で防御率、奪三振を合わせ投手3冠のタ軍バーランダーのエース対決も水入りとなった。

 初回にヤングにソロ本塁打を浴びたが、2回4奪三振のサバシアは「再開されれば(中断後も)投げる準備はできていた。残念だ」と話し、1回1失点のバーランダーも「大事な一戦だったから悔しい」と無念さをにじませた。2回裏から再開する1日(日本時間2日)は、第2戦の先発予定だったヤ軍・ノバ、タ軍・フィスターが登板する。

 ▼ヤンキース・ジョー・ジラルディ監督 天気は予測がつかないし、両チームとも条件は同じ。サバシアは調子が良さそうだったが、今から(球場に)屋根をつけられるわけではないからね。

 ▼タイガース・ジム・リーランド監督 球場のお客さんやファンに、好投手の対決を見せられずにガッカリだ。とにかく3勝した方が勝ち。それだけを考えて戦う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月2日のニュース