“ドラ1候補対決”慶大・伊藤 1安打&勝利にホッ!

[ 2011年10月2日 06:00 ]

<慶大・明大>8回1死、右翼線二塁打を放つ伊藤

東京六大学野球秋季リーグ戦第4週第1日 慶大2―0明大

(10月1日 神宮)
 1回戦2試合が行われた。慶大の伊藤隼太外野手(4年)と明大の野村祐輔投手(4年)のドラフト1位候補対決が注目された第1試合は、慶大が2―0で明大を下し先勝。伊藤は4打数1安打だった。第2試合は早大が東大に2―1で競り勝った。

 明大・野村とのドラフト1位候補対決が注目された慶大・伊藤は、3打席凡退で迎えた8回に右翼線二塁打。チームも先勝し「いい形で勝てて良かった。(安打は)飛んだコースがたまたまよかっただけですけど、気は楽になりました」と話した。

 この試合まで相手投手から四球攻めにあっていたが「野村はプライドがあるでしょうから、勝負してくると思っていた。相変わらずいい投手」と真っ向勝負を挑んできたライバルとの対決に充実感を漂わせた。投げては先発の竹内大がノーヒットノーランを演じた昨春の東大戦以来、自身2度目の完封で今季3勝目。「久しぶりに最後まで投げ切れてうれしい」とこちらも笑顔がはじけた。

 ▼慶大・江藤省三監督 最後に1本出て、伊藤が一番ホッとしてるんじゃないか。あしたから楽しみだね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月2日のニュース