中日 守りのミスで連勝逃すも落合監督「まだ先だから」

[ 2011年9月25日 18:58 ]

セ・リーグ 中日1-6ヤクルト

(9月25日 ナゴヤD)
 中日は試合開始早々に守りのミスから4点を失い、首位ヤクルトとの4連戦4連勝を逃した。

 1回1死二塁で、川端の投ゴロで飛び出した青木を二、三塁間に挟んだ。だが、森野の三塁側からの送球がそれて二、三塁と傷口を広げてしまった。さらに四球で満塁となり、2死からチェンが踏ん張れず、宮本と飯原に連続二塁打を浴びて4点を先行された。

 打線も9回に1点を奪い零敗は免れたものの、赤川にプロ初完投勝利を許し、1・5まで迫った首位ヤクルトとのゲーム差は、再び2・5となった。

 それでも落合監督は「まあ、ちゃんと動けているからいいかな。まだ先だから」と淡々とした口ぶり。残る直接対決5試合は、すべて得意の本拠地。勝負どころは、まだ先と見ているようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月25日のニュース