「一つも負けられない」高橋 狙い通りの零封

[ 2011年9月25日 14:40 ]

アスレチックス戦の7回途中に登板し、2/3回を1安打無失点のエンゼルス・高橋

ア・リーグ エンゼルス4―2アスレチックス

(9月24日 アナハイム)
 エンゼルスの高橋尚成投手は24日、アナハイムで行われたアスレチックス戦で4―1の7回途中に2番手で登板し、2/3回を1安打無失点。勝敗は付かなかった。試合はエンゼルスが4―2で勝った。

 快勝したエンゼルスで高橋が落ち着いた投球を見せた。3点リードの7回1死から登板。好調ウィークスには左前打されたが、次打者のクリスプは低めの球で狙い通りに二ゴロに打ち取った。

 ワイルドカードでのプレーオフ進出に向け「一つも負けられない」と気合十分のベテランは「ヒットを打たれようが0点に抑えることが大事」と表情を引き締めた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月25日のニュース