金子千2安打完封 岡田監督「きょうはもう、金子よ」

[ 2011年9月25日 06:00 ]

<日・オ>完封勝利の金子千(右)は岡田監督と笑顔でタッチ

パ・リーグ オリックス5-0日本ハム

(9月24日 札幌D)
 圧巻の快投だった。オリックス・金子千が9回2安打無失点11奪三振で今季2度目の完封勝利。エースがチームを2連勝へと導き、2位の日本ハムと4・5ゲーム差に縮めた。

 「完ぺきかと言われれば完ぺきではなかった。(自身の)エラー2つが心残り。ああいうところで点が入るので…。とにかく先制されないように意識して投げた」

 唯一にして最大のピンチは初回だ。1死二塁から糸井を一ゴロに打ち取りながらもベースカバーに入った一塁ベース上で李スンヨプからの送球を落球。一、三塁としたが、続く小谷野を遊ゴロ併殺に仕留め危機を脱出した。初回以降は一度も二塁も踏ませず、9回も3者連続三振。これで28イニング連続無失点だ。岡田監督も136球の熱投を展開した大黒柱の奮闘を称えた。

 「きょうはもう、金子よ。手術で出遅れたけど、いいときのボールに戻ってきたんちゃうかな」

 前回19日のソフトバンク戦は3回42球を投げた時点で無念の降雨ノーゲーム。“中4日”での登板ながら最高の結果で期待に応えた。「中4日の意識はなかった。肘も違和感なく投げられている」。右肘の手術で初登板は6月と出遅れたが、4年連続となる2ケタ勝利に王手をかける9勝目をマークした。指揮官が「9月が勝負」と位置づけた今月は14勝5敗1分け。「ここまできたら一戦、一戦よ」。一戦必勝を掲げる岡田オリックスがCS進出へと突き進んでいる。

 ≪日本ハム戦では初の完封≫金子千(オ)が今季2度目の無四球完封で9勝目。完封は通算12度目だが、日本ハム戦は初めて。2安打完封も過去2度の3安打を下回る最少だ。また、8月30日ソフトバンク戦からは、28イニング連続無失点と好調をキープ。規定投球回数へあと19回1/3となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月25日のニュース