阪神スカウト4人態勢で視察 慶大・伊藤1安打3四球

[ 2011年9月25日 06:00 ]

<慶大・法大>7回無死一塁、右前打を放つ伊藤

東京六大学野球第3週第1日 慶大2―1法大

(9月24日 神宮)
 1回戦2試合が行われ、今秋ドラフト1位候補の慶大・伊藤隼太外野手(4年)はプロ志望届提出後初の一戦で、法大投手陣に警戒されながら1安打3四球とチャンスメークに徹して2―1の白星に貢献した。早大は左腕の大野健介投手(4年)が立大を5安打完封して5―0で先勝した。

 慶大・伊藤がつなぎ役に徹してチームの開幕3連勝に貢献した。3四球を選んで4打席目には右前打。いずれも得点にはつながらなかったが「ボールの見え方はいい。自分の間で打席に入れてる」と納得の表情を浮かべた。今季は3試合13打席で7四球と勝負を避けられているが、江藤省三監督は「いくら歩かされてもつないでいけと言ってる。チームのチャンスは増えるしね」と話す。伊藤をドラフト1位指名候補に挙げ、4人態勢で視察した阪神の佐野仙好編成部次長は「ボールの見極めがしっかりできてる。見極めた上で自分の打撃をしている」と高評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月25日のニュース