ラミレス現役引退を撤回「日本でもどこでもプレーする」

[ 2011年9月24日 06:00 ]

 レッドソックスなどで活躍し、今季途中に引退したマニー・ラミレス氏(39)が、現役復帰の意向を表明した。

 米スポーツ専門局ESPNに「どの球団でもいい。契約してくれるチームがないなら、日本でもどこでもプレーする」と語った。通算555本塁打のラミレス氏は、今季2度目の薬物規定違反で100試合の出場停止処分となったが、処分を受けずに4月に引退。復帰する場合、メジャー球団と契約して出場停止処分を受ける必要があるが、本人は「処分には従う。代理人にも復帰の考えを伝えた」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年9月24日のニュース