中日 落合監督が今季限りで退団 高木守道氏16年ぶり復帰

[ 2011年9月22日 15:23 ]

9月10日、横浜戦の試合前に落合監督(左)と談笑する高木守道氏

 中日は22日、落合博満監督(57)が今季限りで退団し、来季の後任にOBで監督経験のある高木守道氏(70)が就任すると発表した。

 落合監督は今年が3年契約の3年目。球団側が来季の契約を結ばないことを伝え、同監督が了承した。シーズン終了まで指揮を執る予定。同日のヤクルト戦の試合終了後、落合監督は「契約書通り。この世界は、そういう世界」と語った。

 中日は60勝52敗7分けの2位で、首位ヤクルトとは3・5ゲーム差。まだ優勝の可能性もある中での異例の退任発表となった。

 落合監督は2004年に中日の監督に就任し、今季が8年目。昨年までの7年間でリーグ優勝は3度。07年には2位からクライマックスシリーズを勝ち上がって日本シリーズを制した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月22日のニュース