大社オーナー 監督後任は「球団がやってきたことを継承して」

[ 2011年9月15日 17:58 ]

 日本ハムの梨田昌孝監督(58)は15日、契約最終年の今季限りでの退任を表明した。大社啓二オーナーは「(この時期での退任表明に)試合に集中したかったのでしょう。(後任は)スカウティングと育成という球団の方針を理解してくれる人。球団がやってきたことを継承してもらいたい」とコメント。津田敏一球団社長も「続投していただきたかったが、監督の意志が強かった。リーグ優勝も含めて、感謝している。ファイターズの監督としてのかがみだと思う」。

 また、津田社長は後任について「今の時点では全くの白紙」と話し、これから人選を本格化させる。再び外国人監督を招聘する可能性について、吉村浩チーム統括本部長は「僕は考えていない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月15日のニュース