96年ぶりに更新 フィリーズ プレーオフ進出一番乗り決定

[ 2011年9月15日 09:24 ]

 米大リーグは14日、各地で行われ、フィリーズがアストロズに1―0で勝ち、プレーオフ進出一番乗りを果たした。ナ・リーグ東地区で首位のフィリーズは95勝51敗で、残り試合に全敗しても、少なくともワイルドカード(最高勝率の2位球団)で進出できる。

 米大リーグの公式サイトによると、146試合目で決めたのは、1915年の147試合を抜く球団記録だという。

 打線が一回に先制。昨季サイ・ヤング賞の右腕ハラデーが6安打完封で1点を守りきった。18勝目(5敗)をマークした、リーグトップの8完投を誇るエースは「さらに目指すべきところがある。喜んでいられない」と浮かれることなく言った。

 5年連続でポストシーズンに臨む。ワールドシリーズは2008年に制覇し、09年には敗れている。昨季はリーグ優勝決定シリーズで敗退。3年ぶりの頂点を目指すマニエル監督は「選手はそろっている。プレッシャーがあるとすれば、それはいいプレッシャーだ」と自信をのぞかせた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月15日のニュース