巨人 試合中に無断で引き揚げたライアルに罰金

[ 2011年9月7日 06:00 ]

 巨人の清武英利球団代表兼GM(ゼネラルマネジャー=60)は6日、3日のヤクルト戦(神宮)で5回に代打で三振後、試合終了を待たずに無断でロッカールームに引き揚げたラスティ・ライアル内野手(28)に罰金を科したことを明らかにした。

 本人は負傷した足の治療のため、と強調したが「戦う選手としては恥ずかしいことなので即日、罰金を科しました。国際部からも数度話をしたし、代理人にも注意をした」と清武球団代表。ライアルは4日に出場選手登録を抹消されており、川崎市内のジャイアンツ球場で軽めの練習を行ったがコメントせずに球場を後にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年9月7日のニュース