久保はヤクルト戦9連勝「結果的にチームが勝っているだけ」

[ 2011年8月26日 22:50 ]

4回の守備を終え、先発の久保(右)と笑顔で話す阪神・狩野

セ・リーグ 阪神9―4ヤクルト

(8月26日 甲子園)
 阪神の久保は7回4安打2失点と危なげない投球で7勝目。ヤクルト戦9連勝とした。

 2回にガイエルに2ランを浴びて先制を許したが、3回にチームが逆転。その後は変化球を低めに集めた。「打たれているから。結果的にチームが勝っているだけ」と謙虚に話すが、首位と好相性の右腕は心強い。

 一緒に鳴尾浜でリハビリした狩野が左翼で活躍。「同じリハビリ組。打ってくれてうれしかった」と表情を緩めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月26日のニュース