リーチ“盗塁の残像”で自滅 吉田コーチ「過剰に反応」

[ 2011年8月26日 06:00 ]

<広・横>盗塁に過剰反応してしまったリーチ(左)

セ・リーグ 横浜1―11広島

(8月25日 マツダ)
 横浜のリーチが広島の盗塁の残像に崩された。初回、東出に初球セーフティーバントで出塁されると、その存在が気になってしかたない。バーデンの打席で4度けん制球を投げた。いらついたように何度も走者を振り返り、勝負に集中しきれずにバーデンを四球で出すと、今度は二塁へ4度けん制した。

 リーチは4日の広島戦(横浜)で赤松の3盗塁で崩され、7回3失点で敗戦投手となった。クイックの弱点をつかれ、攻略された。その悔しい思いをこの日も引きずってしまった。東出への8度のけん制を吉田投手コーチは「過剰に反応した」と指摘した。この間、東出は一度もスタートを切っていない。

 結果、1死一、二塁から4番栗原へは暴投。二、三塁とされ、丸、赤松、倉に3連続タイムリーを許してしまう。この回4失点。リーチは「今回はできれば盗塁を1度も許したくなかったので、その形(けん制)になった」とうなだれた。打線に反撃の力はなく、来日4敗目。チームは今季ワーストの借金27まで膨らんだ。

 ▼横浜・尾花監督(今季ワーストの借金27に)リーチはある程度走者は抑えるようにはなってきたんだけど…。今度は打者をしっかりと抑えてもらいたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月26日のニュース