逃げ切れず…原監督ため息「守りにいくとこういう形に」

[ 2011年8月26日 06:00 ]

<巨・神>8回無死一、二塁、山口は金本に同点打を打たれる

セ・リーグ 巨人3―3阪神

(8月25日 東京D)
 試合後の監督室。巨人・原監督の大きなため息が全てを物語っていた。3点のリードを守れず、今季7度目の引き分け。「(安打は)何本?6本?3点取った以降…。引き分けにしちゃったけど守りにいくとこういう形になる」と語気を強めた。

 勝たなければいけない試合だった。序盤に高橋由の3打点の活躍で快勝ムードが漂ったが、1球の隙がほころびにつながった。2点リードの5回だ。先発の小野が1死で投手のスタンリッジを2ストライクと追い込みながら、阿部が外角に要求したボール球のスライダーがど真ん中に入り中前打。2死からは2番・柴田に中前打を浴び、勝利投手の権利目前の一、三塁で降板。「投手と2番打者にね。あまり打席に立っていないのにああいう状況。引導を渡した方が良いということ」と非情采配に踏み切ったが、ゲームプランは完全に狂った。

 14安打と阪神に倍以上の安打を打たれる防戦一方の展開で、小笠原を欠いた打線は4回以降わずか1安打と沈黙。引き分けでしのぐのがやっとだった。指揮官は「みんなでカバーしないと」と会見を締めくくった。8回無死一塁で捕邪飛に倒れるなど4打数無安打のラミレスは「自分の結果に満足できなかったが、あすは全力を出して違う結果につながるように頑張りたい」と前を向いた。痛恨の引き分けを良薬にできるか。全員野球で勝ち続けるしかない。

 ▼巨人・小野(勝利投手の権利まであと1人の5回2死で降板)守りに入ったわけじゃないけど…。由伸さんが打ってくれたのに申し訳ない。(5回1死、スタンリッジの中前打は)追い込んで絶対にボール球にしないといけないのに高めに抜けた。

 ▼巨人・野間口(救援で2回1/3を無失点の好投)ゼロに抑えられたのは次につながる。結果を残し続けることが大事。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月26日のニュース