守護神離脱のジャイアンツ、ベル獲得に名乗り 

[ 2011年8月26日 06:00 ]

 ジャイアンツは24日(日本時間25日)、パドレスからウエーバーにかけられている09年セーブ王のヒース・ベル投手(33)の獲得に名乗りを上げた。昨季世界一のジ軍は守護神ウィルソンが右肘痛で離脱。今後の交渉がまとまれば移籍が決まる。

 アスレチックス・松井の動向も注目される外野手とDHでは、ホワイトソックスがツインズのトーミとクベルに興味を示していると、複数の米メディアが報道。また、ヤンキースはDH兼代打としてカブスの一塁手ペーニャ獲得に名乗りを上げたが、本人が残留する意向を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月26日のニュース