星野監督激怒 四球の有銘に「バカヤロウ!」

[ 2011年8月18日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天2-2西武

(8月17日 西武D)
 試合後のベンチに楽天・星野監督の怒声が響いた。「四球を出してどうするんだ。バカヤロウ!1人くらいきちっと投げろ」。声の先には8回、ワンポイントで起用されながら秋山に四球を与えた有銘がいた。

 今季5度目の引き分け。失点にはつながらなかったが、9回から登板した片山が先頭の栗山に右前打を許した。対左打者として起用した2人の左腕が仕事を果たせず「何をびびっているんだ。恥ずかしいよ」と語気を強めた。最下位相手の引き分けに指揮官は「借金のあるチームに引き分けは意味がない。お互い負けに等しい」と嘆いた。

 ▼楽天・井坂(先発して5回0/3を2失点)点の取られ方が悪かった。次があれば、もっといい投球をしたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月18日のニュース