×

ウエーバーとは?その仕組みを分かりやすく解説

[ 2011年8月14日 06:00 ]

 ▽ウエーバーQ&A

 Q 日本と大リーグの違いは何?

 A ウエーバーは、保有権を放棄するという意味。日本ではウエーバー公示され、公示期間(1週間)内に希望球団がない場合は自由契約。つまり所属球団から「戦力外」となります。大リーグでは日本と違い、獲得の意思を示した球団に対して、ウエーバーの撤回を1度だけできます。さらに今回のように獲得希望球団がなくても、アスレチックスで続けてプレーすることが可能です。

 Q なぜ8月以降はウエーバーしてのトレードになるの?

 A 7月31日にトレード期限が設定されています。もしそれ以降、ウエーバーにかけてのトレードという形をとらないと、水面下で「○○選手を自由契約にするから、そちらは○○選手を自由契約にしてくれ」という裏交渉ができる。トレード期限は形骸化します。ウエーバーなら、全球団に手を挙げるチャンスがあり、一定の公平性は保てます。

 Q なぜ期間中に手を挙げない球団が獲得に乗り出すの?

 A 期間中に手を挙げた場合、アスレチックスには(1)ウエーバー撤回(2)交換要員を求めず完全譲渡(残り年俸は移籍球団負担)、の選択肢があります。つまり「交換要員はいいから残り年俸よろしく」とア軍が言う可能性がある。期間が終了すれば、自由に年俸負担交渉もできます。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2011年8月14日のニュース