PR:

被災地球児が甲子園で行進 「がんばろう」の横断幕

 日本高野連は29日、兵庫県西宮市の甲子園球場で8月6日に開幕する第93回全国高校野球選手権大会の開会式で、東日本大震災で被害が大きかった岩手、宮城、福島の東北3県の野球部員が「がんばろう!日本」の横断幕を持って入場行進すると発表した。

 行進するのは岩手が高田高の大和田将人選手(18)、宮古工高の鈴木春選手(18)、宮城は気仙沼向洋高の斉藤弘樹選手(17)、志津川高の阿部浩夢選手(18)、福島は浪江高の佐藤大悟選手(17)、小高工高の高野大志選手(18)の6人でいずれも3年生。気仙沼向洋高の斉藤選手は開幕戦で始球式を行う。入場行進の先導役は、阪神大震災から復興した神戸の球児を代表して、兵庫高の山下将司選手(17)が務める。

 また東北3県の高校生9校27人が開会式に招かれ、大会歌「栄冠は君に輝く」を合唱する。参加するのは岩手が宮古高、釜石高、大船渡高の3校。宮城が塩釜高、多賀城高の2校。福島は相馬東高、安積黎明高、郡山高、磐城高の4校。

 高田高には開幕戦の試合前に、津波で破損した第70回全国高校野球選手権大会岩手大会の優勝盾を新調して贈呈する。

 日本高野連は第93回大会を、被災地の復興を支援する大会と位置づけている。開会式の入場行進は、困難を乗り越え力強く未来へ進む若者たちの「絆」をコンセプトにした。

[ 2011年7月29日 17:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム