慣れ親しんだマウンドだったのに…福井、突如の乱調

[ 2011年7月29日 06:00 ]

セ・リーグ 広島6―5ヤクルト

(7月28日 神宮)
 広島・福井が早大時代に慣れ親しんだ神宮のマウンドで、5回まで無失点に抑えながら、味方が先制した直後の6回に2四死球と安打で1死満塁。そして畠山に左翼席に運ばれた。

 「その前の四球と死球ですね」と福井。チームが逆転し、敗戦投手にこそならなかったが、大野投手チーフコーチは「ばらついたり、突然逆球になったり、そこが課題。きょうは打線のおかげ」と手厳しかった。

 ▼広島・青木(6回途中から登板し2/3回を1失点ながら今季初勝利)チームがいい形で勝ててよかった。(28日朝に母方の祖父が死去し)期するものがあった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月29日のニュース