日本ハムスカウトも熱視線 英明・松本 ピンチで最速ストレート

[ 2011年7月29日 06:00 ]

香川大会決勝 英明8―0丸亀

(7月28日 香川県営レクザム)
 プロ注目の大型左腕が聖地に乗り込む。英明のエース・松本が丸亀相手に完封勝利。打っても先制打を含む2安打とチームをけん引した。

 試合前には、香川智彦監督から「最後くらい完封せぇ」とハッパをかけられた。140キロ台の直球に90キロ台のカーブも織り交ぜ、被安打はわずか5。唯一走者を三塁に背負った5回2死二、三塁では「絶対に打たれたくなかった。力が入った」と、この日最速の143キロ直球で楠本を見逃し三振に斬った。

 昨夏は八戸工大一に初戦で敗退。登板のなかった松本にとって最初で最後の夢舞台となる。「甲子園でどこまでやれるか楽しみ」と日本ハム・加藤竜人スカウト。その実力を、甲子園で存分に見せつける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月29日のニュース