寺原150キロ連発!3回1安打無失点で敢闘選手賞

[ 2011年7月22日 22:41 ]

マツダオールスターゲーム2011第1戦 全パ4―9全セ

(7月22日 ナゴヤD)
 史上74人目の両リーグ出場を果たし、全パの先発を務めたオリックスの寺原が3回1安打無失点と好投、3年ぶりの球宴出場で敢闘選手賞に選ばれた。「まさか、賞を取れるとは思っていなかった。最高の気分。楽しく投げられた」と笑みを浮かべた。

 立ち上がりから150キロ台の速球を連発。三振ゼロも許した安打は3回の井端(中日)の二塁打だけだった。今季、横浜からオリックスに移籍。新天地では前半戦で9勝を挙げてチームを引っ張った右腕は、球宴での初先発マウンドでも堂々の投球を披露した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月22日のニュース