ソト、初先発で来日初白星「チームに貢献するだけ」

[ 2011年7月18日 18:48 ]

来日初先発で初勝利を挙げ、ファンの声援に応える中日・ソト

セ・リーグ 中日7―1巨人

(7月18日 東京D)
 中日のソトは初先発の起用に応え、5回4安打1失点で来日初勝利を挙げた。「ポイントはコントロール。コースに投げられた」と話すように無四球で、140キロ前後の直球を軸に安定した投球だった。

 中継ぎで11試合に登板し、好投を続けていた。試合前の練習中に先発を言い渡され、同僚のネルソンに「リラックスして投げろ」と助言をもらったという。ベネズエラ出身の左腕は「先発でも中継ぎでも、チームに貢献するだけ」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース