7連敗のオリックス 岡田監督怒りの矛先はT―岡田

[ 2011年7月18日 06:00 ]

<楽・オ>6回無死、オリックスのT-岡田は三振に倒れる

パ・リーグ オリックス3-4楽天

(7月17日 Kスタ宮城)
 オリックスは引き分けを挟んで泥沼の7連敗で自力Vの可能性が消滅。岡田監督は「ミスばっかりやろ」と苦笑いし、怒りはT―岡田に向けられた。

 前日は今季初めて欠場し、この日4番に復帰したが、4打数無安打3三振。途中から就いた一塁の守備でも8回のバント処理で悪送球。9回も送球に手間取りサヨナラの生還を許した。指揮官は「(9回は)一塁を踏みに行こうとしたやろ。ビックリや。気が抜けている。あんなプレーしていたら使えん」と厳しかった。

 ▼オリックス・T―岡田 (捕球後に)一塁を踏みにいったわけじゃない。(ボールを)握り損ねた。3三振?そんなことより自分のスイングができていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年7月18日のニュース