広島・野村監督の長男・颯一郎 3打数無安打

[ 2011年7月18日 06:00 ]

初戦突破を果たした野村監督の長男・颯一郎

広島大会2回戦 崇徳8―1呉三津田

(7月17日)
 崇徳の広島・野村謙二郎監督の長男・颯一郎が、1年生ながら背番号6の2番・遊撃で出場。

 自身は3打数無安打だったが、呉三津田相手に7回コールドで初戦を突破した。幼少時から父に徹底された「努力した者が勝つ」を肝に銘じる野村は「打ってないので。次の試合、頑張りたいです」とはにかんだ。ナゴヤドームで息子の初戦突破を聞いた父は「守らせてもらっているだけ。息子のことはいいですよ」と照れ笑いしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース