前日スタメン落ちの阿部が意地の逆転V3ラン

[ 2011年7月18日 06:00 ]

<巨・ヤ>4回2死一、三塁、右越えに3ランを放つ阿部

セ・リーグ 巨人3-2ヤクルト

(7月17日 東京D)
 巨人は女房役の阿部が、痛快な逆転弾で小野に初白星をプレゼントだ。2点を追う4回2死一、三塁で右越え7号3ラン。初球、内角に甘く入ったシンカーを一発で仕留めた。

 「いいところで最高の結果が出た」。奮起の一発だ。9日の広島戦(東京ドーム)でファウルを左膝に受け、10日の同カードを欠場。12日の阪神戦(甲子園)から復帰も13打数1安打と不振で、前日のヤクルト戦(東京ドーム)で先発を外れた。試合後には「打てないってレッテル貼られたからね」。冗談めかした口調ながら、自身のバットで意地を見せた。チームにとって3ランは4月15日広島戦(マツダ)でラミレスが放って以来だ。

 「ラミレスもガッツにしても、(阿部との)この3人が主力なのは間違いない。主力が打たないとジャイアンツは前には進みづらい。明るい光が、太陽が差し込んだ」と、原監督は主将の一発を称えた。しかし借金はまだ7。阿部も「まだまだ納得していない」と満足などしていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年7月18日のニュース