小川監督 青木の守備妨害判定に不満「ありえない」

[ 2011年7月18日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト2-3巨人

(7月17日 東京D)
 ヤクルトは拙攻が響いて接戦を落とした。

 5回までに8安打も2点止まり。3回には先頭・青木の打球を相手投手の小野が一塁へ送球した際、青木がラインの内側を走って送球が当たったとして、守備妨害でアウトになる場面もあった。チームは6月11日のソフトバンク戦(ヤフードーム)以来の連敗。小川監督は「(青木の)走塁と送球の角度的に守備妨害はありえない」と話した上で、阿部の一発に泣いた先発・増渕について「後半戦で投げていくために1球の怖さを勉強してくれれば。そういうゲームだった」と評した。

 ▼ヤクルト・増渕(阿部の一発に泣き5敗目)あそこはボール球を使ったり慎重にいくべきだった。若干(ストライクを)取りにいってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース