「東北のダル」花巻東・大谷 登板なしも2安打2打点

[ 2011年7月18日 06:00 ]

4回2死三塁から中前へ適時打を放つ花巻東・大谷

岩手大会3回戦 花巻東7―0福岡

(7月17日 花巻)
 花巻東は今夏初出場のMAX151キロ腕、2年生の大谷はバットで魅せた。

 3番・右翼で2安打2打点の活躍。出番がなかった初戦の宮古水産戦に続いて登板機会はなかったが「早く投げたいけど、いつでも投げる準備はできてます。きょうはチャンスで打てて良かった」と笑顔だった。視察した日本ハムの今成泰章スカウトは「身のこなしはかなりセンスを感じる」と高校通算32本塁打の打撃も絶賛。1メートル91、76キロの体格から「東北のダルビッシュ」の呼び声が高いが「高校時代のダルビッシュみたいに体のバランスがいい」と本家と変わらぬ評価を与えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース