福島からの転校生、都足立新田・広田 3打席連続適時打

[ 2011年7月18日 06:00 ]

東東京大会3回戦 都足立新田13―3かえつ有明

(7月17日 大田)
 都足立新田は浪江(福島)からの転校生、背番号12の広田が、かえつ有明との3回戦に7番・捕手で今夏初出場。

 初回に左前適時打すると2回は適時二塁打、4回は適時三塁打と3打席連続適時打を放った。本塁打が出ればサイクル安打だったが10点差がついて5回コールド勝ち。「記録は関係ない。凄く緊張したけど、試合に出て楽しかった」と笑った。古巣の浪江は福島大会で前日敗退。正捕手だった自身に代わってマスクをかぶった佐藤主将に電話した前夜は、一緒に悔し泣きしたという。「浪江の気持ちも一緒に甲子園に持っていくと約束しました」とかつての仲間の分まで勝ち進むことを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース