中部商 来春定年の盛根監督の花道飾れず号泣

[ 2011年7月18日 06:00 ]

沖縄大会決勝 中部商1―2糸満

(7月17日 沖縄セルラースタジアム那覇)
 中部商は7年ぶりの夏切符を逃し、来春で定年を迎える盛根一美監督の花道を飾れなかった。

 糸満を上回る10安打を放ちながら本塁が遠く、9回1死満塁の好機も併殺で競り負けた。号泣する選手たちに盛根監督は「最後の最後まで粘り、よく頑張ってくれた。すがすがしい気持ち」と感謝。6試合で830球を投げ抜いた多和田は「きょうの投球は一番良かった。悔いはない」と涙をぬぐった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース