中島の軽率プレーで決勝点献上…ゴロの正面に入れば防げたミス

[ 2011年7月18日 06:00 ]

<日・西>4回2死二塁、中田の遊ゴロを弾いた中島

パ・リーグ 西武0-1日本ハム

(7月17日 札幌D)
 不測の打球にも対応できる選手は「名手」と呼ばれる。西武の遊撃・中島は、練習でも経験のない不測のゴロに対応できず痛恨の失策を犯した。

 4回2死二塁。打席の中田は狙いを直球一本に絞って強振した。しかしチェンジアップにタイミングを外され、バットの先端でボールを切るような打撃に。カットされた打球は、打者から見て右方向にこまのような回転で二遊間へ。中島はグラブの親指付近に当ててボールを後方にそらし、その間に二塁走者の陽が決勝のホームを踏んだ。

 「三遊間寄りに守ってたから早く投げようと思った」。中島は振り返ったが、不測の打球に対する優先順位の一番は「捕球」。その後の送球を考えてグラブだけで捕りにいかず、ゴロに対して正面に入っていれば、仮にファンブルしても打球を前方に落として走者の生還は阻止できた。

 札幌ドームはじゅうたんのように毛足が短い人工芝。その特性から、打球の回転数が減らなかったという不運もあったが「後ろにはじいて無駄な1点を与えた。チームリーダーのあのプレーはみんなが見たくない」と渡辺監督。6連敗中は平均1・7点。打線が低調なだけに、守備のミスは致命傷となる。

 ▼日本ハム・中田 バットの先っぽだった。助かった。

 ▼西武・鈴木内野守備走塁コーチ(中島の失策について)誰もエラーしようと思ってやってないけど、後ろにそらしたらいけない。次は心に期すものがあるでしょう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月18日のニュース