2回で4K 阪神スカウト絶賛「馬力があって変化球もいい」

[ 2011年7月17日 06:00 ]

<小野・聖光学院>スカウト陣が見つめる中、圧巻の投球を見せつけた聖光学院の歳内

福島大会2回戦 聖光学院10―0小野

(7月16日 あづま)
 聖光学院のみちのくNo・1右腕・歳内の最後の夏が始まった。6回コールドのため2イニングのみの登板も、無安打4三振。チームの県内公式戦56連勝に貢献した。

 「コントロールが良かった。早く(大会が)始まってほしかったので“やっと始まったな”という感じです」。大会直前までは調子を崩していた。春季大会が中止になったため、練習試合を大会に見立てて本番同様の気持ちで投げ続けた。疲れもあり7月からは逆にノースローで調整。きっちり初戦に調子を合わせ、斎藤智也監督は「さすがだね」と褒めちぎった。スカウト陣の評価も高い。阪神の菊地敏幸スカウトは「馬力があって変化球もいい」。中日の中田宗男スカウト部長も「ドラフト上位候補の1人であることは間違いない」と太鼓判を押した。

 15日夜、帽子のつばの裏に3つの言葉を書いた。「全てが神からの試練」「常に挑戦」「想(おも)い」。被災地で野球を続けることの意味を自分に問いかけ「ベンチに入れなかった仲間、被災地の方々、いろいろな気持ちを背負って戦う」という決意を表現。全国制覇を目標に掲げる右腕の特別な夏は始まったばかりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月17日のニュース