日米9球団が集結!近畿No・1右腕に日本ハムGM絶賛

[ 2011年7月15日 06:00 ]

兵庫大会2回戦 東洋大姫路6―1宝塚北

(7月14日 姫路)
 東洋大姫路は近畿No・1右腕・原の力投で、苦しみながらも宝塚北を延長戦で下した。

 0―0の3回2死三塁から2番手で登板し重盗で先制を許したが、その後は打線の援護がない中「僕が背中で引っ張ろうと思った」と最速145キロの速球とスライダーで寄せ付けない。味方が延長11回に5点を奪うと、その裏も抑えて8回1/3を3安打14奪三振。日米9球団のスカウトが集結し、日本ハムの山田正雄GMは「全国トップレベルの投手」と絶賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月15日のニュース