西武編成部長「高校生投手で一番上の方と言っても過言じゃない」

[ 2011年7月12日 07:21 ]

<都桜町・足立学園>6回1失点で初戦を突破した足立学園・吉本

東東京大会2回戦 足立学園9―1都桜町

(7月11日 神宮)
 第93回全国高校野球選手権東東京大会では「下町のダルビッシュ」こと足立学園の吉本祥二投手(3年)が今夏初登板。6回1失点で最速148キロをマークするなど日米15球団のスカウトの前で能力の高さをアピールした。

 ▼西武・鈴木葉留彦編成部長 直球が速いのが一番の魅力。まだ能力だけで投げているし伸びしろも十分。高校生投手で一番上の方と言っても過言じゃない。

 ▼ロッテ・新里賢スカウト きょうは良くないけど全く心配していない。まだ真っさらで伸びしろが大きく、素材は全国トップクラス。普段はフォークもいい。

 ▼メッツ・大慈彌功環太平洋担当部長 順調に伸びてきているし腕や体の強さを感じる。柔らかさが加わればもっと良くなる。このまま勝ち上がって帝京戦に投げることになれば楽しみ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月12日のニュース