横尾55号!センバツ4強の日大三 コールド発進

[ 2011年7月12日 06:00 ]

<日大三・都清瀬>4回1死、左中間にソロアーチを放つ横尾

西東京大会1回戦 日大三7―0清瀬

(7月11日 八王子市民)
 日大三は今センバツ4強の実力を見せつけ、7―0のコールド勝ちで2回戦に駒を進めた。

 プロ注目のエース吉永の登板はなかったものの、同じくプロ注目の4番横尾がソロ本塁打を放つなど5回まで毎回得点を奪った。高校通算55本目の本塁打を放った主砲は「チームが勝つために打つのが自分の役目。その結果がたまたま本塁打になっただけ」と貫禄のコメント。今センバツ準決勝で九州国際大付に2―9と大差で敗れた。その反省から全国屈指の破壊力を誇る今年の打線においても長打にこだわらず、全員が例年以上に勝利のためのチーム打撃に徹するようになった。「終わった時に相手より1点でも多くとっていればそれでいい」と横尾。春の悔しさが確実に今の日大三の強みになっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月12日のニュース