プロ入り4年目の松山が初猛打賞「「チャンスをもらって必死」

[ 2011年7月5日 23:04 ]

セ・リーグ 広島6―3横浜

(7月5日 那覇)
 広島の5番松山がプロ入り4年目で初の3安打と活躍した。2回に中前打で出塁して先制のホームを踏むと、2―0の3回2死一、三塁では右前に運び、貴重な追加点。「うまく打てました」と顔をほころばせた。

 5回にも中前適時打を放ち、2試合連続の2打点と得点力不足に苦しむ打線を引っ張った。成長著しい25歳は「チャンスをもらって必死に戦っているところなので、こういう結果が出て本当にうれしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月5日のニュース