感謝のバレンティン「チームメートが背中を押してくれた」

[ 2011年7月5日 22:21 ]

9回、サヨナラ打を放ち喜ぶヤクルトのバレンティン

セ・リーグ ヤクルト5―4巨人

(7月5日 静岡)
 ヤクルトは同点の9回2死一、三塁から、不振のバレンティンが来日初のサヨナラ打を放った。「打席に行く前に、何とかしてこいとチームメートが背中を押してくれた」と感謝の言葉を並べた。

 深刻な打撃不振に陥っていた。6月中旬から9試合連続無安打の後、7月1日に本塁打が出たものの、再び2試合安打から遠ざかった。この日も九回の打席まで4打席、凡退を続けていた。直前の守備でも大事には至らなかったものの飛球を落球。精彩を欠いていただけに「今の自分には結果が一番の薬になる」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月5日のニュース