2回0封!佑ちゃん 2軍戦で“直球の課題”クリア

[ 2011年7月5日 17:44 ]

イースタンの西武戦に先発した日本ハム・斎藤

 日本ハムの斎藤佑樹投手が5日、西武第二でのイースタン・リーグの西武戦に先発し、2回無失点だった。斎藤は「課題はもう一度直球を投げきること。それはできた」と涼しい表情で話した。11日の楽天戦(札幌ドーム)で1軍に復帰し、先発する予定。

 1回は安打と四球などで1死一、二塁とされたが、坂田をフォークボールで二ゴロ併殺打に打ち取り、2回は三者凡退だった。「体調はまったく問題ない。直球が良くないと全部が生きてこない」と納得の登板だった。試合前には早大時代のチームメート、西武の大石と顔を合わせ、近況を報告。投げ合いを望み「そうなった時には、負けないように」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月5日のニュース