松井“今季最長タイ”にガックリ「情けないな」

[ 2011年7月5日 08:25 ]

マリナーズ戦の2回、スズキの先制適時打で三塁を回るアスレチックス・松井。右奥はイチロー

アスレチックス1―2マリナーズ

 アスレチックスの松井秀喜外野手は4日、オークランドでのマリナーズ戦に「4番・指名打者」で4打数1安打。内容は右前打、左飛、一ゴロ、空振り三振で打率2割1分9厘。試合は1―2で敗れた。

 松井は2回、ピネダの甘い速球を確実に捉えて右前打。二塁に進み、2死後に後続の左前打で本塁へ向かった。返球がそれてファウルグラウンド側に動いた捕手の逆を突き、回り込んで本塁に滑った。ただ、得点はこれだけ。チームは逆転負けを喫した。

 試合後、松井は4試合連続安打が今季最長に並んだと聞かされると「情けないな。4試合で最長なのか」と顔をしかめた。接戦に敗れて「投手陣にこれ以上を期待するのは酷。見殺しにしてきたのを多く見てきた」と硬い表情のまま言葉を結んだ。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月5日のニュース