さすがのイチロー 巧打で2日連続マルチ

[ 2011年7月5日 08:22 ]

アスレチックス戦の4回、左前打を放つマリナーズ・イチロー

マリナーズ2―1アスレチックス

 マリナーズのイチロー外野手は4日、オークランドでのアスレチックス戦に「1番・右翼」で出場して4打数2安打だった。内容は遊ゴロ、左前打、見逃し三振、右前打で打率は2割7分4厘。試合はマリナーズが2―1で勝った。

 イチローは4回にチーム初安打となる左前打。追い込まれてから内角のカーブを十分に引きつけてライナーで運んだ。8回には左投手の外角いっぱいのカットボールをバットの先で引っかけるように右前に転がす。どちらも巧みなバットさばきを印象づける打撃で2試合の連続複数安打とした。

 マリナーズはしぶとく接戦を制した。ウェッジ監督は「落ち着いていて成熟したピッチャーのような投球だった」と新人ピネダを褒めた。2回、先頭の松井の右前打から1点を失ったが、3回以降は安定。終盤の継投もきれいに決まった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月5日のニュース