阪神 今秋ドラ1位候補に菅野が急浮上…巨人と争奪戦も

[ 2011年6月23日 06:00 ]

巨人、阪神が獲得を狙う東海大・菅野

 阪神の今秋ドラフト1位候補に東海大の157キロ腕、菅野智之投手(21)が浮上した。

 巨人・原監督のおいにあたる菅野については、すでに巨人が1位指名を公言。即戦力野手の補強が急務の阪神は、ここまで慶大・伊藤隼太外野手(22)を1位候補としてドラフト戦略を進めてきた。

 しかし、ここにきてチームは久保が故障離脱、安藤は不振で2軍調整中。能見、岩田ら若手が育っている左腕と比べて右の先発投手の駒不足を露呈している。ある球団首脳が「野手なら慶大・伊藤、投手なら菅野」と明言するなど157キロの直球だけでなく、スライダー、カットボールなど変化球も一級品の即戦力右腕、菅野がここにきて1位候補として急浮上した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月23日のニュース