強打復活へ!巨人 全選手でロングティー

[ 2011年6月22日 06:00 ]

ロングティーする小笠原

 巨人は21日、川崎市内のジャイアンツ球場で全体練習。野手陣の打撃練習では強打復活を目指し、全選手にロングティーが課せられた。

 江藤打撃コーチは「いいスイングで(打球に)いい回転を与えれば飛ぶ。飛ばないと力んだりして忘れがちになっている。ポイントを思い出せば飛ぶんだとね」と説明した。

 今季導入された統一球の影響もあってか、チーム打率はリーグ5位の・231。借金4の原因は紛れもなく貧打線だ。「疑心を持ってはいけない」と本来の強打復活を願う原監督の意向もあり、あえて飛ばない球を飛ばす練習だった。坂本は「大きく体を使って、遠くへ飛ばそうということだったので」と柵越え連発。本来の持ち味を思い出し、24日からの阪神戦(甲子園)に臨みたい巨人打線だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年6月22日のニュース