筒香 右手首の回復遅れる…手術なら今季絶望

[ 2011年6月22日 06:00 ]

 横浜・筒香嘉智内野手(19)が来月にも手術を受ける可能性が浮上した。

 5月下旬に右手首に痛みを訴えた同選手は、横浜市内の病院で診察を受けた結果、「右手首三角線維軟骨じん帯損傷」と診断された。5月27日の2軍交流戦、オリックス戦(平塚)を最後に実戦には出場しておらず、球団関係者は「痛み止めの注射もしてきたが回復具合が思わしくない。本人は手術したくないようだが、将来を考えれば完全に治した方がいい」と説明。手術すれば、今季中のプレー復帰は難しいという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月22日のニュース