一場以来7年ぶり…近大工学部・久保田がノーヒットノーラン

[ 2011年6月8日 10:26 ]

名桜大戦でノーヒットノーランを達成し、ポーズをとる近大工学部の久保田
Photo By スポニチ

 全日本大学野球選手権第2日は8日、東京ドームなどで行われ、近大工学部(広島六大学)の久保田高弘投手が1回戦の名桜大(九州)戦で大会史上6人目の無安打無得点試合を達成した。試合は3―0で勝った。

 久保田は三回に四球で一人の走者を許しただけだった。同選手権のノーヒットノーランは2004年に明大の一場靖弘(現ヤクルト)が広島経大戦で完全試合を達成して以来で7年ぶりの快挙。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月8日のニュース